岡山・ランニングコース紹介ー龍ノ口山

ランニングコース

こんにちは84(ハッシー)です。

フルマラソンサブ4は達成済みで現在はサブ3目標にトレーニングを積んでいる市民ランナーです。現在フルマラソン公式3:44 非公式3:15ほどのタイムです。

さて、今回は岡山のランニングコース紹介の第2回目。今回はトレイルのコースを紹介してみたいと思います。

トレイルというのは不整地のこと。山道や林道を主に砂浜や、がれ場も含まれます。こういった不整地を走ることをトレイルランニングと言います。ロードランニングと違い、足場が悪いところが多く、登りあり、下りあり、石だらけのがれ場ありと変化に富んだコースとなります。

ロードランニングとは違ったテクニックが必要とされるこの競技の愛好者も岡山には多い。

実は私も6対4の6の割合でトレイルランナーです。

自己紹介は分かり易いのでロードの走力を使用しています。

さて、今回は岡山市街地近郊にある岡山市の代表的なトレイル”龍ノ口山”を紹介してみたいと思います。

岡山県南のトレイルランナーであれば一度は訪れたことがあろうトレイルです。

龍ノ口山概要

龍ノ口山は岡山市街地北東部にある標高257mの里山です。操山と並んで岡山市外中心部からほど近い山として岡山市民に親しまれています。

平成改元記念事業として岡山市が整備し、龍ノ口グリーンシャワーの公園として整備されました。

標高は県南の山なので高くはないですが、登山コースが数多く体力に応じて楽しめます。

市街地から近いので、自家用車以外でのアクセスも比較的容易です。が、岡山市自体公共交通の便が悪い街なので、基本的には自家用車使用がおすすめです。アクセスに関する情報は、記事の最後に載せています。

駐車場は舗装ではなく土砂利ですが、50台分ほどの収容台数があるそこそこ広い駐車場があります。ただ、土日など休日は駐車場が満杯になることが多いので、注意が必要。朝早めの到着をおすすまします。

それだけ、多くのハイカーやランナーたちに愛されている山です。

龍ノ口トレイルの特徴

駐車場から直接登山道にアクセスできるため、準備運動をおえたらすぐにトレーニングを開始することができます。

駐車場から山頂へ至るコースやグリーンシャワーの森正門から山頂に至るコースなど、いわゆるメジャー登山道はよく整備されて、通年ストレスなく通行可能です。(ただし、4月末から6月初等まではおびただしい数の毛虫が発生しますが)

トレイルランニングのトレーニングの場合には、このメジャー登山道に加えてあまり人が入らない裏道を使用します。

このコースは、龍ノ口で毎年2月初頭に開催されるアーバントレイル龍ノ口(後ほど紹介)のレースコースを利用します。

駐車場のトイレ横の登山道から入って一周して駐車場に戻ってくる周回約10kmのコースです。

周回して駐車場に直接もどってきますので、水や食糧などの補給も自分の車をエイドとして使用することができます。周回10km分の補給のみ持ってはいればいいので荷物も軽くできます。

10kmで800mの累積標高もかせげるコンパクトでありながら十分負荷がかけられるコースになっています。

ただ裏道に関してですが、梅雨から夏場にかけての生命力豊かな時期には、植物が生い茂りほぼ通行不能か通行できても著しく通行が困難になります。草を刈ってみても一週間もすればもとに戻ります。

それから5月〜6月にかけては、龍ノ口では毛虫が大繁殖します。無害な奴らが多いですが、中にはチャドクガのように毒をもったものもいるので、特に裏道には入らない方がいいでしょう。

私はこの時期裏道に入ってチャドクガにやられた経験があります。もう猛烈に痒いですし、毒針毛の特性でかいたら別の場所に痒みが広がるという地獄がまっています。

9月以降、秋口から冬時期にかけてが一番走り安い季節になります。ただ秋口はスズメ蜂も活発になっていますので注意が必要です。

その他気を付ける点では、県南では人気の山なのでメジャーな登山道ではたくさんのハイカーさん達も歩いています。いつでも速度を落として歩ける心づもりでいましょう。ハイカーさんを追い抜く時やすれ違う時は歩くのが基本です。

また、上記のガーミンのコースからは外れますが、龍ノ口八幡宮という学問の神様として有名な神社もありますので、参拝するのもいいかと思います。

ちなみに今回トレイルの記事ということで、他にもwebライターとしてこんな記事も書いています。

下にリンクを貼っておきますのでよろしかったらご覧ください。

ザ・ノースフェイスTR6とTR10を徹底比較レビュー!【ペットボトル・ソフトフラスク・ハイドレーション・サイズ感】
今回は、私の使用しているザ・ノースフェイスのトレラン用ザックTR6とTR10のレビューです。 私自身も購入時迷…

アーバントレイル龍ノ口ー龍ノ口山を舞台にしたトレイルレースー

毎年2月初頭に、龍ノ口山では「アーバントレイル龍ノ口」というレースが開催されます。地元の「羅針盤」というアウトドアチームによって手作りで開催されるローカルレースですが、毎年多くのトレイルランナーが参加します。もちろん私も。

コースは上述のガーミンのコースとは少し違います。(プレ大会は上記ガーミンのコースで開催されたらしい)

先に紹介した龍ノ口八幡宮に至る「段原からの参道」からトレイルにはいります。スタートも駐車場ではなく、

備前国総社宮」からスタートになります。そこから「段原からの参道」入口までロードを2km弱ほど走ります。参道にからはトレイルになりますが、かなり急峻な岩場が続きます。

登り切ったら八幡神社をスルーし石段の下りになります。下りきったら左手に折れ、牟佐道入口から裏道に入っていきます。しばらく進み「小水落」と呼ばれる急登を上り、林道にでたら左に走ります。林道を下って右手の鉄塔道へ。鉄塔に出て少しだけ舗装路があります。

 

ただまもなく左の「四御神の下り」に入ります。ここは見落としがちなので注意が必要です。

下りきったら池の辺りを右に。参道鳥居を目指します。鳥居を過ぎて次は「水落」という長い上りに入ります。ここを登り切ったら頂上です。頂上からは、再び八幡宮方面に戻り登ってきた「段原からの参道」の岩場を下っていきます。転んだら大怪我するので気をつけて降りましょう。

下りきったら再びロードを走り、「備前国総社宮」でゴールとなります。

トータルで12km弱ほどのレースです。

*コースやレース詳細についてはリンクを貼っておきます。

MAP アーバントレイルコース | racinvan

 

アクセス

自家用車利用で岡山駅から15分ほど。公共交通は岡山駅から両備バス利用「旭川荘行き終点」から800m。ただしバスの本数が恐ろしく少ないので利用はお勧めしません。

鉄道利用の場合は、JR津山線「備前原駅」から徒歩およそ1.5kmほど。ただし津山線も本数がすくないですが。

なので、基本的には自家用車の利用を前提にしたほうがいいでしょう。

龍ノ口グリーンシャワーの森
「龍ノ口グリーンシャワーの森」の情報は「岡山観光WEB」で。市民のハイキングコースとしても人気のスポットで、「グリーンシャワー」の名称が表す通り、新緑の季節には木漏れ日を浴びながら遊歩道の散策を楽しむことができます。紅葉を迎える時期も見ごろの一つ。また、樹木が落葉する冬場の時期には特に見晴らしがよくなり、竜ノ口山頂から...




Follow me!

コメント